基本理念

    わたしたちは 人の尊厳に立ち
    地域を大切に 地域に愛され 地域に信頼される
    法人を目指します

    サービスについて

     · 

    地域交流拠点施設「箸蔵とことん」の内覧会を開催しました!

     グランドオープンを2日後に控えた4月19日(金) 地域交流拠点施設「箸蔵とことん」の内覧会を開催しました。10時30分より後藤田博徳島県副知事(県知事代理)や近泉裕久三好市副市長(市長代理)を始め来賓の皆様をお招きし記念式典を行い、14時からは地元関係者にも施設を観覧していただきました。


     記念式典で中村理事長は、『「元気な人はより元気に」、子どもも、親御さんも、障がい者も、高齢者もごっちゃまぜに人が寄り添う地域共生社会の要「支援の必要な人は生涯安心の場」として「箸蔵とことん」に人が集まり、情報が集まり、新しい事業が創造され、新しい活動が生まれます。まちに人を呼び込み、賑わいを取り戻し次世代に繋ぐ土台になると確信しています。』と決意の一端を述べました。

     

     来賓の後藤田博副知事(県知事代理)からは『生涯活躍のまち形成事業』は大いに意義のある取り組みであり、三好市においては半世紀を超える長きにわたり高齢者福祉や障がい者福祉に熱心に取り組まれ県西部における福祉サービスの充実・牽引されてこられた社会福祉法人池田博愛会が事業の推進法人となり積極的に活動されております。そして、この度移住者は地域住民の皆様が交流を深める拠点となる「箸蔵とことん」がオープンを迎えたところであり、中村理事長や池田博愛会の皆様並びに関係者の皆様による数々のご尽力に深く敬意を表する次第であります。』と祝辞をいただきました。

     

     また、近泉裕久三好市副市長(市長代理)からは、『「生涯活躍のまち」構想は、移住者と地域住民の交流・協働による地域力の向上による持続可能なまちづくりを実現することを目指すものであり、池田町州津エリアにおける事業の「核」となる地域交流拠点施設「箸蔵とことん」の整備や、その後の施設の運営等に関し中村理事長をはじめ職員各位の並々ならぬ熱意とご努力に対し深く敬意を表しますとともに、厚くお礼を申し上げます。』との祝辞をいただきました。

     

     地域交流拠点施設「箸蔵とことん」は、多世代の皆様が心地よく過ごせる場所を目指してさらに取組を進めて参りますので皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。