基本理念

わたしたちは 人の尊厳に立ち
地域を大切に 地域に愛され 地域に信頼される
法人を目指します

サービスについて

デイサービスセンター月

2月1日に県立中央病院から寺嶋吉保先生を講師にお招きして、地域の方を交えた「終活セミナー」を開催しました。...

5月からデイサービスセンター月に理学療法士の下川智代さんが勤務することになりました。理学療法士は、基本動作の回復・維持・悪化の防止を目的として、歩行や起き上がり、筋力の強化、関節の硬縮予防などの訓練を行うリハビリの専門家です。 訓練に携わる職員も、専門職から直接指導を受けられることで訓練の質の向上に繋がっています。...

新年明けましておめでとうございます。 今年も皆さんの笑顔がたくさん輝いておりました。スタッフ一同はりきっております。

12月21日に、「命を救う救急隊のいい話」と題して、ご利用者と地域の方を交えた研修会を開催しました。 当日はみよし広域連合消防本部より救急隊員の中本さんと井本さんを講師にお招きして、みよし広域管内における現在の救急の出動状況や、いざ救急車を呼んだ時に救急隊が到着するまでにすべきことなど、実技を交えて熱心に講義していただきました。...

11月18日、デイサービス月にあのAKBがやって来ました!!AKBといっても、三好市で活動するグループ「やましろAKB」は、下は40台から上は66歳までと、本家よりもちょっと年齢は上ですが、本家顔負けのキレのあるダンスパフォーマンスと、人の目を引く派手な衣装で、会場を大いに盛り上げてくれました。...

9月16日から22日まで敬老週間を行ないました。米寿・白寿・卒寿の方に、長寿の敬意を表し、写真撮影を行ないました。アトラクションとして、職員の寸劇を行ない、地蔵や老婆、姫や殿に扮した職員の顔・格好に大笑いを頂き、ナチュラルキラー細胞が増えた1日となりました。

9月16日から22日まで敬老週間を行ないました。米寿・白寿・卒寿の方に、長寿の敬意を表し、写真撮影を行ないました。アトラクションとして、職員の寸劇を行ない、地蔵や老婆、姫や殿に扮した職員の顔・格好に大笑いを頂き、ナチュラルキラー細胞が増えた1日となりました。

デイサービスセンター月では、秋の行事の一環として、ゲーム大会を開催しました。輪送り・玉入れ・上を向いて歩こう(個人競技)の3種目を紅白のチームに分かれて競いました。チーム・個人競技ともに盛り上がり、笑いの絶えないひと時を過ごされました。

デイサービス月恒例の秋の大運動会を開催しました。定番のスプーンリレーや玉入れ、巨大風船を使った大玉転がし、パン食いならぬお菓子食い競争など盛りだくさんの種目に、ご利用者も学生の頃に戻って、みんなでハッスルしました。

その日、デイサービスセンター月は笑いの魔法にかかってしまいました。 9月26日、「ラフターヨガ インターナショナル ユニバーシティ認定ティーチャー」の清水素子さんを講師にお招きして「笑いヨガ教室を開催し、15名の地域の方を含め、たくさんの方々にご参加いただきました。...

さらに表示する